第4回 太陽光パネルって(更新)

| ,

管理者です。

卒FITに向けて、色々な商品が電力各社から出てきました。

東北電力管内では、買取が9円に設定されたようです。管理者宅での
売電を3900kwとすると、年額35,100円の試算・・。終了までに4年
程度はあるのですがピーク発電時には1日40kwも余ります。夏場に
全室エアコン全開+エコキュート沸かしても余ります。

 

(以下、過去記事)

新築の際、5.54kwの太陽光パネルを南向に設置してみました。
雨漏れが怖いので屋根材を貫通しないキャッチ工法です。初期費用は
余分に掛かりましたが安心プライスレス

【過去2015~2017年の3年平均値】

・実発電量   6,097kw 日照時間 1,653時間
(売電  3,989kw)*38円/kw
(消費  2,108kw)

・購入電力量 10,885kw
(昼間  3,422kw)*時間帯8~22時 37.16円/Kw
(夜間  7,463kw)*時間帯22~8時 11.22円/Kw

 ※個人宅かつ特定地域のデータですので参考程度に見てください。

東北電力管内の時間帯別契約の場合、概算で年間約21万円から売電約
15.1万円を差引いた支払額は6万円弱となりました。その他にも自家消
費分が7.8万円あり、発電から22.9万円得られた計算になるようです。

10年固定買取でイニシャルコストは回収できそうですが、契約満了
後は売電での収益は激減するので何か工夫が必要と考えています。例
えば夏季に限りエコキュートを昼間稼働させる事で電気を熱に変換し
貯めたりするのは有りだし、エアコンの運転は躊躇する事がなくなる
でしょう。(それでも電気が余りますが・・・)

社会負担増から固定買取後の個人向け太陽光発電は、自家消費の流れ
になる雰囲気です。電気を売るより蓄電池にためる方が買うより数倍
のコストが掛かり経費負けしてしまうので、(固定費を回収済みなら
ば)安価に売りつつ蓄電池の価格が通常買電価格相応に下がるのを期
待したいところです。

※太陽光パネルの二重屋根効果で真夏は涼しくなっている感じです(主観です)。

♪住まいへのご質問、ご相談、ご用命はこちらへ。